Yokohama, DOG RESCUE

  

 

生き物を愛する心ある方々へ

  

  

   


前略

早々ですが、例の河川敷の放置状態の馬について、土曜日にカイバや塩などをもつて様子を見に行ってきました。

 広い河川敷に簡単な柵を巡らせ、のどかな風景なのですが、食べているものは腐った畳とフスマ、地面に生えている草は食べ尽くされ、肋骨が出ているほどにやせこけ、悲惨な状態でした。

 そんな状態でも、いたって愛想の良い馬で、ニンジンやカイバを本当に旨そうに食べるなど、瀕死の状態でなかったのが、せめての救いでした。

 県に各種の要請をしていますが、どの程度動いてくれるのかはわかりません..。

当面、地元の主婦に給餌を頼み、カイバや獣医の手配などのバックアップに専念します。

写真を同封させていただきます。

  1. [photo-1]馬坊もなく、野ざらしの泥の中で放牧されている。夏の熱射でこの2年で数頭が死亡している。 
  2. [photo-2]餌として与えられている腐った古畳、その他にはフスマのみ。草は食べ尽くされている。
  3. [photo-3]肋骨が浮き出て、脾腹から腰端(下腹)にかけてやせ細った胴体。
  4. [photo-4]救助隊員の差し出すニンジンを旨そうに食べる雄馬。
  5. [photo-5]持ち込んだ米国産の高品質乾燥飼料をガツガツ食べる雌馬。

    手にとって(クリックして)詳しくご覧ください。
      

 

今後の計画。 是非、ご一緒に救助に参加してください。

  1. 高品質の飼料の給餌に通うとともに、専門獣医師による健康診断と回復計画の立案。
  2. 乗馬用に適するか?などの調査。
  3. 茨城県に対する要望書のとりまとめ。
  4. 最終的な取り引き先探しと救助計画の立案などの順番で行います。

 

この緊急救助には、次の様なご協力が必要です。

  1. 牧場や乗馬クラブなどで今後飼育ができる方をご紹介ください。
  2. 飼料の購入、治療、運搬など多額な資金が必要ですので、ご協力ください。
     郵便為替で加入者番号00230−2−0074212、 加入者名 ヨコハマ・ドック・レスキュー 備考欄にご住所、氏名、と共に 「 利根川放牧馬救助資金 」 とご記入ください。

    今後も進展状態などをレポートにまとめ、ご報告いたします。

Yokohama, DOG RESCUE「YDR」

  北浦清人

ご連絡をお待ちしています。


Yokohama, DOG RESCUE|横浜ドックレスキュー

CorcocuSha-Brain|株式会社 廣告社ぶれいん
[962769]