北海道の恵庭市などで、ペットとて飼育されていたアライグマが牧草地に捨てられ、繁殖しています。このアライグマが、農作物に被害を与えるとして、昨年度から捕獲、処分されています。
 日本人の都合で輸入され、殺されてゆくアライグマを救助し、アメリカに送って、原野にリリースを行いたいと考えております。
 皆様の、ご協力をお願いいたします。

98’= リリース・ノート Vol−1,1998−7−11
発行 Yokohama,DOG RESCUE


1,アライグマ とは?

 アライグマ科アライグマ科の6種。全て、北・中央・南アメリカの原産

(アライグマ)Common Raccoon,Procyon lotor

(カニクイアライグマ)Crab−eating raccoon,P.concrivorus

その他に、トレアリアアライグマ(メキシコ)、バルバドスアライグマ(バルバドス島)コズメルアライグマ(ユカタン・コズメル島)、グアドループアライグマなどがいる。

 英名のRaccoonは、北アメリカ・ネイティブのaroughcan,arukun から命名され、意味は「手でこする人」である。種名の lotorも、「洗うもの」から命名された。
 食性は、蛙、ザリガニ、魚、鳥、卵、などを河の近くで夜間採食し、果実、木の実、げっ歯類、などを求めて山に出向く。新鮮なトウモロコシは、格別のご馳走である。

 冬季には、活動が鈍り、夜間の気温が零度以上にならないと、1ヶ月以上も巣穴から戸外に出ることは無く(冬眠ではない)、複数の個体が寄り添って巣穴で冬を過ごす。

 交尾期は、米国では一月の後半から二月にかけて、平均63日程度の妊娠期間後、5−7頭の子供を産む。単独の雄が複数の雌の行動圏を歩き、一夫多妻と思われる。雄は行動圏が重ならないが、雌は重なり合う。
 行動圏は、食物の豊富さで50−5000haまでの差異があるが、平均して800ha程である(北米での調査結果)。
 3−7頭の生まれた子供は、母親と一緒に行動し、半年から次の子供が生まれる春までには分散する。
                     (DRウォイド、平凡社)


2、北海道におけるアライグマの野生化の過程(北大・池田助手の研究から)


3、被害の実情

2、 被害の状況


4、北海道の対策

 事業内容として、

@ 農業被害の実例調査
A 農地への進入防止策及び駆除の稿過程は実施方法の検討
B 被害防止のための手引書の作成
C 被害の拡大を防ぐためのフォーラムの開催、

 協議会は、大学(2名)、市町村(3名)、農業団体(5名)普及センター(2名)、支庁(3名)で構成され、来年1月までに8回の協議会やワーキング会議を開催し、手引書の作成と平成11年度以降の事業検討を行う。


5、「ラスカル、おうちに帰りたい! 98」 の趣旨


6、活動の内容

第一ステップ=調査と計画 (98年6月から9月まで)

第二ステップ=準備     (98年8月以降)


7、 皆様へ


Yokohama, DOG RESCUE

CorcocuSha-Brain|株式会社 廣告社ぶれいん
[958816]